ASK-21 トルクプレート取り付け部分の破断

ASK-21のトルクプレート(ブレーキキャリパーを取り付けている板)を固定する部分の鉄版が破断しました。

別のASK-21でも同じような壊れ方をしたことがあります。

f:id:LS-6:20191220130412j:plain


修理作業は外部に委託し、溶接してある鉄板を取り外し、別の鉄板を溶接しました。

修理費用は22万円でした。車輪フォークの脱着、溶接、塗装作業があり、作業工賃がかかりました。

 

トルクプレート取り付けボルトがゆるんでいると、ブレーキをかけるたびにこの部分が動き、疲労して切断するとのことです。年次点検の際にトルクプレートの締め付けトルクを確認することとしました。