ASK-21 後席キャノピーロック安全装置の交換

ASK-21では後席のキャノピーをロックしていないと前席のキャノピーがロックできない仕組みとなっています。テフロンの部品(以下、シーソー)が削れてしまうと、後席のキャノピーをロックしていなくても前席のキャノピーロックの棒がシーソーを乗り上げてしまい、ロックできてしまいます。このため、シーソーを交換しました。

 

アレキサンダーから入手した交換部品は大き目なので、もともとついていたシーソーに合わせて成形(金のこで切断、グラインダー、やすりで削る)します。

このシーソーは左右で大きさが異なります。

 

 

新しいシーソーを取り付けてみたものの、後席をロックしない状態でも前席をロックすると棒がシーソーを乗り上げてしまい、安全装置の役目をはたしていません。シーソーの下側のストッパーを1mm程度グラインダーで削り、高さを調整しました。

 

 

 

後席をロックしない状態では、前席ロックの棒がシーソでブロックされ、前席のロックができないようになりました。

 

下記の2点を確認して作業完了です。

  • 後席をロックしていない状態で前席がロックできないこと
  • 後席をロックした状態で前席がロックできること

シーソーを固定しているピンをとめるコッターピンですが、実寸で1.4mm径のものを利用しました。

 

作業自体は簡単でしたが、

  • シーソーが左右で大きさが異なる
  • 届いた部品が現物と形状が異なり加工が必要
  • ストッパーの微妙な調整が必要

というところろが新たな発見でした。