単座機用ワンマンリギングのタイヤがパンク

ワンマンリギングのタイヤチューブがパンクしたため、交換しました。

 

チューブの取り外し

  • 万力でタイヤを挟み、ビートを落とします。万力がないとビート落としに時間がかかるかもしれません。
  • 手元にタイヤレバーがなかったので、マイナスドライバー2本(大き目、普通サイズ)でタイヤをこじってゆき、タイヤの片側をリムから外しました。
  • バルブ部分にワッシャーが3枚入れてありました。
  • チューブを取り外し、バケツにつけてパンク箇所を確認。バルブ根本でのパンクにつき、修理不可、チューブ交換となりました。
  • ここまで10分。

 

チューブの調達

  • 使用されていたチューブは VREDESTEN 3.00-4
  • 楽天にてブリヂストンの同サイズを購入、バルブ形状:TR-87S、1,181円+送料

 

チューブの取り付け

  • バルブ部分にワッシャー3枚を入れ、チューブをタイヤの中に入れます。格闘すること40分、根気がいる作業です。
  • 取り付け後、空気を入れます。

 

 

必要な工具

  • 万力
  • タイヤレバー、なければ大型のマイナスドライバー
  • 空気入れ

 

所要時間

  • チューブ取り外し10分
  • チューブ取り付け40分