Glob G103 Twin III レリーズケーブルの交換

Twin III の前席レリーズケーブルの素線切れ(黄色いノブの根本)があり、ケーブルを交換しました。

前席レリーズケーブルはウィンチレリーズにつながっています。後席レリーズケーブルは前席の左側で前席レリーズケーブルにスリーブで圧着されています。従って、前席のケーブルのみの交換はできず、前後のケーブルは同時交換となります.

 

作業手順

  • 事前準備:スリーブは3本締めですが、ぎりぎりの寸法なので、プレスする練習を行う。これ、重要です。中央はスリープの中心でプレスすればよいですが、左右はどの程度離せばよいか試行錯誤が必要です。

 

  • 前席、後席のレリーズケーブルを切断して取り外す。
  • 前席用、後席用のケーブルの長さを計測し、取り外したものと同じ長さで切断する。今回はこうせずに現物合わせで長さを決めたので、苦労しました。
  • 前席用のケーブル準備:シンブルをつけてスリーブを3本締めする。スリーブからはみ出す索端はできるだけ短い方がよい。長く出ていると、整備の際に指がひっかかりけがをすることがある。
  • 後席用のケーブル準備:索端に短いケーブルを入れ、スリーブを3本締めする。はみ出たケーブルはグラインダーで平らにする。オリジナルのケーブルの索端は小さなスリーブが利用されていましたが、レリーズノブの穴には十分大きいので、スリーブ3本締めが利用できました。
  • ウィンチレリーズから前席までケーブルを通し、シンブルをつけてスリーブを3本締めする。はみ出たケーブルはグラインダーで平らにする。
  • 後席用のケーブルを通す。
  • 前席と後席のケーブルをスリーブを3本締めする。この取付位置が重要。前方のプーリーに近い位置に取り付けないと、レリーズを引いた際にスリーブがケーブルガイドのチューブに当たってしまう。索端が長すぎたので、自己融着テープを巻いておきました。
  • レリーズノブに標識をつける。
  • レリーズの動作点検を行う。AT レリーズ:前席、後席それぞれで操作し、完全に開くことを確認する。WTレリーズ:前席、後席それぞれで操作し、完全に開くことを確認する。前席、後席のケーブルを接続しているスリーブが索を通しているチューブに当たらないことを確認する。

材料と道具

  • ケーブル:メンテナンスマニュアルでは3.2mmのケーブルが指定されていたので、1/8in のケーブル・スリーブを用意しました。長さは15ftあれば足ります。
  • シンブル1個(1/8in )
  • スリーブ4個(1/8in)練習用に追加分が必要。
  • ケーブルカッター
  • ニコプレス
  • ニコプレス用のゲージ
  • グラインダー

作業時間

  • 作業性が悪かったので、1日かかりました。