TRIG TT-22 の取り付け- その2

トランスポンダー取り付けにともなう修理改造検査の準備がほぼ終わりました。
普段は作成しない「新設検討書」と「飛行規程の差し替え版」作成に手間取りました。

 

トランスポンダーの設置作業
・荷物室に本体、バッテリー(トランスポンダ用に1個追加)、アンテナを設置
・計器盤に操作版、ヒューズ、電圧計(小さなものに変更)を設置
・荷物室から計器盤へワイヤーを通す

 

アンテナは超小型です。10cm程度

f:id:LS-6:20170731142735j:plain

 

本体も小型です。下にあるバッテリーケースの取り付け金具と大きさを比べてください。

f:id:LS-6:20170731142734j:plain

 

修理改造検査(定期耐空検査に加えて準備する項目)
・新設検討書の作成
・重量重心位置の計測
・コンパススイング
・飛行規程の改定(高高度飛行の追記)
 - 飛行規程変更申請書を耐空検査員に提出する
 - 飛行規程第2章の修正(耐空検査員に承認印をいただく)

 

新設検討書目次
1.概要
2.新設機器
3.新設機器の航空機への適合性
4.取り付け要領
 作業工程を記載した「作業指示書」を作成
5.取り付け位置
 無線局の申請の際に添付したものを流用
6.取付強度の検討
7.電気負荷解析
 サーキュラー3-018 の6項目について検討した旨記載
8.重心位置
 計測した
9.点検
 サーキュラ3-011の記載に従い24カ月ごとの点検を明記
10 関連書類の変更
 飛行規程:高高度飛行の追加
 点検表の改定