ブラニック ショックアブソーバーのガス補充

ラニックの後席に乗りましたが、地上滑走時に地面からのショックが大きかったので、ショックアブソーバーの状態をみたところ、ガスが抜けていました。 

 
胴体前部をジャッキアップし、車輪を浮かせます。
 
ショックアブソーバーに専用工具を取り付けます。
 
ネクターの中にマイナスがはめ込まれる部分があり、これがショックアブソーバー側のバルブの開閉を行います。
 
丸いノブを時計回りに回すとショップアブソーバーのバルブが開き、ガスが完全に抜けす。
窒素ガスのボンベを取り付け、ガスを注入します。
ガス圧はマニュアルによると 3.234 ±0.098 Mpa

f:id:LS-6:20181127121436j:plain

 

ショックアブソーバー側のバルブを閉じ、ガスボンベのバルブも閉じ、専用工具を外します。